備えあれば憂いなし!のはずだった日のこと

わたしの先日の出来事のお話です。
朝起きてニュースを見て、天気予報で天気を確認してみると、今日の天気は曇りのち雨。雨は夕方からとのことでしたが、通勤が電車なので備えなければ!と思い、その日はオシャレでお気に入りな長靴を履いて出ました。
駅で電車を待っている時、まだ雨が降っていないのに、長靴を履いているわたしは、若干冷ややかな視線を感じましたが。「今に見てなさい…雨が降ってきて、みんなの靴はびしょびしょになってしまうわ…」と、内心思いながら仕事場へ向かいました。
夕方に仕事が終わり、いざ建物の外へ出てみると、天気予報は大当たり。なかなか大降りな雨が降っていました。「長靴を履いてきて正解だったわ!これで無事に家に帰れる!」と、雨模様とは裏腹に、誰よりも心躍らせていたわたし。
そして、外へ繰り出そうとしたときに、ふと思いました。「あ、傘を持ってくるの忘れた…」と。長靴を履いて、傘をささずに駅へ猛ダッシュ。ただただ、恥ずかしかったです。http://www.yokoyamaclinic.jp/

備えあれば憂いなし!のはずだった日のこと