図書館と自宅での、BGM装置の変化に気付いた毎日

最近は休みに書斎から、フジコ・ヘミング様のCDを借りて来ることがエンターテイメントです。この間も書斎に居残るフジコ様のCDを全体纏めて借りて来た。CDだけでなくフジコ様が執筆した媒体までも、フルセット借りて来た。それから書斎のフィルム見学ダグアウトでは、フジコ様のフィルム(と映像)を半日がかりで楽しむ。書斎のスタッフさんにも大のフジコ様ファンだと言われ、驚かれてしまった。
フジコ様の演奏は「発展曲」や「前奏曲」という題名の付く曲のうまみを、題名以上に引き上げてくれるピアニストです。演奏を聴く度に、「発展曲」は「ライブ用の大曲」に、「前奏曲」は「メインの作」に患う気がする。それは書斎で聴く時も、家で聴く時も貫く。
しかし、サウンドの聴こえお客で気になることがあった。それは、書斎と自宅でのBGM装置の隔りです。装置が違うパイ、サウンドの音響が微妙に違うように感じる。私の場合は、我が家のBGM装置はお世辞にも弱々しいので、フジコ様の演奏が「フジコ様」らしく聴こえない。書斎で聴くのと大隔りです。
自宅でのBGM装置も整えて聴く結果、演奏のうまみをさらに高められるかもしれない、と実感した毎日だった。冷え性 サプリ

図書館と自宅での、BGM装置の変化に気付いた毎日